全日本クラブ選手権府予選

2016.5.1 於:綾部市体育館

 

☆男子1部はエントリーした全5チームで総当り戦を行い、

上位3チームが全日本クラブ選手権への出場権を得ます。

  NEX'TAGE シェイクハンド グリーンネット 優クラブ 桃山TH3 順位
NEX'TAGE **** 2-3
 ×
3-0
3-1
3-1
2位

シェイク

ハンド 

3-2
 ○
**** 3-0
3-2
3-2
1位

グリーン 

  ネット

0-3
 ×
0-3
×
**** 1-3
 ×
3-2
4位
優クラブ 1-3
 ×
2-3
 ×
3-1
 ○
****

3-0

3位
桃山TH3 1-3
×
2-3
×
2-3
×
0-3
×
**** 5位
昨年と比べると安定感が増し、粘り強さが出てきた藤本。攻め込まれた時の対応力が課題か!?
昨年と比べると安定感が増し、粘り強さが出てきた藤本。攻め込まれた時の対応力が課題か!?
TSP球使用 ニッタク球使用
シェイクハンド 3-2 桃山TH3 シェイクハンド 3-0 グリーンネット
田中 3 9-11
11-8
11-7
11-6
1 山川 田中 3 11-8
11-5
11-3
0 加藤
藤本 2 11-8
11-4
7-11
9-11
9-11
3 山内 藤本 3 11-5
6-11
11-7
11-9
1 横井
W 塚脇
田中
3 10-12
6-11
11-5
11-5
12-10
2 内海
山川
W 塚脇
田中
3 9-11
9-11
11-9
12-10
11-7
2 臼井
加藤
久保 2 4-11
11-6
5-11
11-9
8-11
3 新家 塚脇 N/A 新島
塚脇 3 11-8
15-13
11-6
0 内海 山本 N/A 臼井

トップの選手がジャンケンでボールのメーカーを選び、そのボールで5番までプレーするという今回のクラブ予選。普段の練習で使用しているメーカーのボールなら良いが、そうでない場合はボール選びの時点で大きく不利となる選手もいる。いずれのメーカーのボールにも対応できる事が望ましいのだろうが実際にはなかなか難しい。頭の痛いところだ。

 

試合の方は初戦から競りに競って2番・ダブルス・4番がゲームオールの大接戦。トップもラストも点差ほど楽な試合ではなかった。団体戦の難しいところでやはりダブルスがカギとなった。

 

グリーンネット戦も結果は3-0だったがダブルスを落としていればひっくり返されてもおかしくない内容で余裕は全くない。0-2から逆転したダブルスの殊勲と言ってよい試合だろう。

ニッタク球使用
シェイクハンド 3-2 優クラブ シェイクハンド 3-2 NEX'TAGE
久保 0 11-13
8-11
7-11
3 中村 山本 0 4-11
3-11
7-11
3 梶原
藤本 0 10-12
2-11
8-11
3 佐伯 久保 0 4-11
4-11
5-11
3 飯田
W 塚脇
田中
3 14-16
11-6
14-12
6-11
14-12
2 岡本
佐伯
W 塚脇
藤本
3 8-11
11-8
11-6
11-8
1 松尾
上月
田中 3 11-3
11-6
11-3
0 近藤 藤本 3 4-11
13-11
11-8
11-13
11-8
2 松尾
塚脇 3 11-5
11-9
12-10
0 岡本 塚脇 3 8-11
11-6
11-9
11-3
1 上月

優クラブ戦はトップ、セカンドと一気にいかれて0-2ビハインド。ダブルス、緩急の巧みなペアに対して的を絞れずタイミングも合わせ辛い。もはや粘るしかない。ゲームオールジュースで粘り勝ち。4番とラストは何とか勝てたがやはりキーマッチはダブルスだった。

 

朝から体調不良だった田中が3戦目終了後に限界を超え、ギブアップしリタイア。温存に温存を重ねたエース山本、満を持して最終戦トップで先陣をきるっ!!結果はっつ!!?

 

 

 

負け。

 

もう少しサーブとレシーブとフットワークとドライブとブロックと選球眼とツッツキと切り替えと状況判断と試合勘と弱点を見抜く目とがバランスよく繋がるように磨いていければ勝利を手にすることができるだろう。練習あるのみだ。

かつてのインターハイ選手もいまやママ。昔は中学生やったのになー。当たり前か 笑
かつてのインターハイ選手もいまやママ。昔は中学生やったのになー。当たり前か 笑
ニッタク球→TSP球
シェイクハンド 1-3 翠嵐クラブ
足立 0 4-11
7-11
7-11
3 青木
三品 3 17-15
11-5
6-11
11-7
1 川崎
W 糸永
桐村
0 9-11
7-11
8-11
3 小池
中村
中村 0 4-11
8-11
7-11
3 小池
糸永 0 5-11
6-11
4-11
3 中村

本当に急遽編成したメンバーで出場した女子2部だったが参加チームが2チームのみだったため申し込んだ時点で通過が確定。順位決定のみというプレッシャーのかからない試合だったが実力差がもろに点数に表れ、勝つのは難しい試合だったようだ。翆嵐クラブは全国でも優勝を狙えるメンバーが揃っているのではないか??

 

本戦まで2カ月半あるので各々制限のある中ではあるが今回よりはいい状態で臨めたら、と思う。恐らく最初で最後の女子チーム、全国でどこまでやれるか少し楽しみである。

地元京田辺在住の元卓球少女たち。厳しい対戦相手だったが内容は思っていたよりは良かったのでは?
地元京田辺在住の元卓球少女たち。厳しい対戦相手だったが内容は思っていたよりは良かったのでは?

What's New

このサイトは常に

フレッシュです!

 

<ホームへ戻る>

シェイクハンド トップへ

 

<卓球用品通販>

卓球用品WEBストアがく

 

<コンタクト>

シェイクハンド掲示板

 

お問合わせはこちらから