第32回 全日本クラブ卓球選手権大会 9月13日~16日

福島県:福島市国体記念体育館

 

今回も車で福島県へ。約10時間の長距離移動。

 

今大会の最終ランキングはこちら!(JTTAのHPへ飛びます)

男子1部 予選リーグ
  シェイクハンド 3-2 COCCO
(静岡)
市川 3 10-12
13-11
11-4
11-7
1 石川
斉藤 1 7-11
4-11
11-6
10-12
3 小谷内
W 塚脇
市川
0 9-11
2-11
9-11
3 石川
篠原
絹川 3 9-11
6-11
11-8
11-7
11-8
2 篠原
塚脇 3 11-9
11-8
11-13
3-11
11-8
2 佐野

市川 一回戦緊張して硬い中、相手はフォア一枚のパチパチ選手。当然対応出来ず、相手の術中にはまって一セット目を落とすも、二セット目のジュースで勝負をかけて、流れは一気に市川に。そのまま押し切ってエースの役目を果たす。

好平 仕事きっちりきっちりの丁寧な相手に対し、思い切って攻めるも緊張からかミスが出る。3セット目のタイムアウトを機に作戦変更で、何とか1セットを奪うも、きっちりきっちりの相手を崩せず…

ダブルス 一回合わせただけの即席ダブルスvs全日本社会人予選で静岡県チャンピオンのダブルスと言う圧倒的不利な状況で始まったこの試合。前振り通りきっちりやられてなす術なし…

絹川 部内だけならエースの絹川vs相手チームの本当のエース
当然好き放題やられてあっさり2セットを連取される展開。いつも通りこのままいかれるかっと思ったが、絹川は覚醒した。ホンマに覚醒した。作戦変更で、ひたすらブロックに転じた絹川の強さは部内の強さと同じになり、セットを追うごとにブロックに味が出た。途中相手が絹川に打たせようとツッツキまくる場面もしばしばあったが、今日の絹川はひたすらツッツキ返した、女子顔負けのツッツキ合戦からのブロック。どう考えても勝てなさそうな試合をひっくり返し、絹川がチームピンチをすくった。

塚脇 昨年度のクラブ選手権同様に若い選手に対して、ひたすら非現代卓球で対抗。
ナックルショートと、台の下からのループで泥沼勝利。

vs卓楓会
元日本代表選手を相手に奮戦
男子1部 予選リーグ
  シェイクハンド 0-3 卓楓会
(東京)
市川 1 8-11
12-10
13-15
4-11
3 三田村
絹川 0 3-11
10-12
2-11
3
W 塚脇
斉藤
0 7-11
2-11
11-13
3
三田村
斉藤 N/A 三田村
塚脇 N/A 高山
 

市川 格上選手との対戦に終始楽しそうに試合をしていた市川。 今まで経験したことのないようなフォア連打に対し、市川もフルスイングバックで対抗。乱打戦になり見応え十分だったが、やはり相手が上手だった。勝負所をきっちり取られ惜しい敗戦。

 

絹川 今日の絹川なら相手が中国人であっても勝てるはず!誰もがそう思っていたが、世の中上には上がいた。 コンパクトな振りから見たこともない豪打が連覇され、試合にならず…

 

ダブルス 過去に世界を股にかけ戦って来た超有名選手との対戦に、オーラだけで何点か取られて始まったこの試合。 絹川同様にボコボコにされるかと思いきや、意外とラリー戦になり、全力で動き回った2人。 どうにかこうにか1セット!っと頑張りたおしたが、時折くらうミラクルショットに全く対応出来ず、勝負所を抑えられ、しっかり3-0負け。

出場メンバー
福島市国体記念体育館前にて

What's New

このサイトは常に

フレッシュです!

 

<ホームへ戻る>

シェイクハンド トップへ

 

<卓球用品通販>

卓球用品WEBストアがく

 

<コンタクト>

シェイクハンド掲示板

 

お問合わせはこちらから