H27年度第4回社会人リーグ

2016.1.24 伏見港公園体育館 

2012年8月以来、約3年半ぶりに通算5度目の社会人リーグ制覇!

 

ほぼすべての試合がラストまでもつれる接戦ばかりを勝ち抜いての優勝で全勝のメンバーはおらず、誰かが落としたら別の誰かがカバーする団体戦ならではの理想的な内容だった。各々そこまで練習をやり込めていない状況の中でもなんとかそれなりのプレーができたのが大きい。

 

今回は過去の4度の優勝とは違い、名門校出身プレーヤーなしでの優勝なので高目に評価していいのではないか。歴代社会人リーグの優勝チームを見ても名門校出身プレーヤーなしでの優勝は数チームのみ、回数も数回にとどまると思われる。中学校始め、公立高校出身でもある程度はやれる。

トップリーグ1部 予選
シェイクハンド 3-2 都クラブA シェイクハンド 3-2 TUBASA-A
市川 1 6-11
8-11
11-9
10-12
3 下間 市川 3 11-7
11-6
11-8
0 井上
絹川 3 11-8
13-11
8-11
11-7
1 中島 藤本 0 8-11
9-11
4-11
3 高井
W 田中
市川
2 11-7
11-6
0 下間
福田
W 田中
市川
0 6-11
7-11
2 小池
中川
藤本 2 4-11
8-11
12-10
12-10
6-11
3 福田 絹川 3 4-11
11-13
11-9
11-8
11-5
2 中川
田中 3 11-7
11-7
11-7
0 前田 田中 3 11-6
11-5
11-8
0 小池

都クラブ戦。内容はそこまで悪くなく、ほぼ実力を発揮できていたのではないか。朝一番の初戦でなかなか調子がでない中、押し切られてしまう試合もあり特に冬場はもう少し初戦の入り方を大事にしたい。4番藤本、2セット連続で落としたのが響いた。もう少し早い段階で後半のようなプレーができるよう素早い対応力が欲しい。

 

TUBASA戦。ピタリのオーダーだったがダブルスの完敗が誤算。たまたまシングルスで3本が取れたがダブルスを落とした時点で団体戦はかなり厳しい。ダブルスは3ゲームマッチのため1セット目を取らないと難しいので最初から調子が出るように試合に入らないといけない。ラスト田中、立っていただけ。

準決勝 決勝
シェイクハンド 3-2 武蔵クラブA シェイクハンド 3-1 卓球道場わからん
藤本 2 11-8
11-7
0 山下 藤本 0 6-11
6-11
2 飯田
市川 1 9-11
12-10
11-13
2 小早川 市川 2 11-9
11-7
0 和田
W 田中
市川
2 11-5
11-7
0 小早川
三好
W 田中
市川
2 11-9
11-7
0 梶原
堀口
絹川 1 11-13
11-4
7-11
2 三好 田中 2 11-5
11-8
0 梶原
田中 2 11-9
11-6
0 星野 絹川 N/A 堀口

武蔵戦。これまたピタリのオーダー。2番市川勝負で取りたかったが惜敗。非常によいサービスを持った選手だったが長かったので正確なドライブレシーブをしたかった。4番絹川、個性的なスタイルの選手に翻弄される場面がちらほら。もう少し対応力があれば・・・。ラスト田中、立っていただけ。

 

わからん戦。またまたピタリのオーダー。トップで相手エースに挑戦も少し実力差があったか。安定感のあるドライブの習得が望まれる。ダブルス、4番ともに明らかに相手の練習不足に助けられた内容。どんな相手にも常に自分のすべきプレーを粛々と貫ける技術とメンタルを持ちたい。試合中にこんな写真を撮っていたとはっ!!?

 

What's New

このサイトは常に

フレッシュです!

 

<ホームへ戻る>

シェイクハンド トップへ

 

<卓球用品通販>

卓球用品WEBストアがく

 

<コンタクト>

シェイクハンド掲示板

 

お問合わせはこちらから